一般社団法人FiCロゴ

About us - 一般社団法人FiC

ABOUT US

誇れるサッカー環境を創る

日本サッカー界はこのままでいいのだろうか
競技面・育成面・ビジネス面
心からサッカーを楽しめる環境は整っているだろうか
私たちはサッカーを愛しているが故にサッカー界をよりよいものに
変革していきたいという想いを持っています

もっと楽しく もっと強く もっと豊かに
FiCは最高のサッカー環境を探求し
日本サッカー界の変革を実現するため挑戦し続けます

3つの要素

VISION

百年先も続く
サッカー界の礎を築く

誰もが胸を張って誇りと言えるサッカー環境を創るために、私たちが取り組むのは環境へのアプローチです。

選手が、自分の限界を超えて挑戦できる空間を作り
指導者やフロントスタッフなどのサッカーに関わる仕事の社会的価値を向上させ
子どもたちが、夢を全力で追いかけられる土壌を整える。

サッカーという一つのスポーツが中心となり、人々を熱狂させ、
社会にも産業にも大きなプラスを生み出せるようなそんな未来を目指しています。

これから先も続いていくサッカー界の歴史

今までの日本サッカー界の歩みや文化を継承しながらも、常により良い環境を目指し挑戦を続けます。

私たちは日本サッカーの歴史の一端を担うという責任とプライドを持ち、より豊かなサッカー文化の根を育てていきます。

誇りと共に働く

私たちは、今に満足をしません。
未来を見据え、挑戦し続けた先に
“誇れるサッカー環境” があると
信じているからです。

満足と対極な態度であること
理想を更新し立ち止まらないこと

信念を持って働くことに誇りを持ち、
サッカー界に新たな価値を産み出し続けます。

MESSAGE

FiC代表

明月 陸Akizuki Riku

FiC代表

小池 昌矢Koike Masaya

  • FiC代表

    小池 昌矢

    「もうサッカーはいいです。サッカー部には戻らないです」

    私が高校3年生の夏、後輩から直接言われた言葉です。
    彼は当時の指導者と価値観が合わなかった結果、大好きだったサッカーから離れてしまいました。

    その時の彼の表情・言葉が私の中で楔になり、育成環境を変えたいと強く願うようになりました。
    現在の育成環境の中では様々な外的要因によって自分の可能性の種に花を咲かせられず、潰されてしまう可能性が存在します。巡り合わせひとつで納得した競技人生を送れるか、理想的なサッカーとの関わり方ができるかが大きく変わり、サッカーが好きにも嫌いにもなる。
    私がFiCを通して成し遂げたいことは、そういった環境の課題を解決し、誰もが自分の可能性を信じ夢に向かって全力で挑戦できる環境を創ることです。

    私は未来ある選手を支えるためには選手を取り巻くその環境を向上させることが必要だと考えています。
    どれだけ本人に想いやポテンシャルがあったとしても、その結果は環境によって大きく左右されます。

    サッカーの楽しさを普及できる指導者が増えることで、サッカー人口が増え、
    サッカーの技術や戦術を深く学び伝えられる指導者が増えることで、競技力が向上します。

    そこで育った選手たちが本気でプレーする姿が、観る人に感動を与え、未来の選手たちの夢になる。
    選手を取り巻く環境が向上することで、サッカーがより多くの人々を熱狂させ魅了するコンテンツになれば、そこには多くの資源(人材/情報/キャッシュ)が流れます。
    サッカー界に資源が増えることで、クラブに、指導者に、そして選手に還元され、それがまた社会に感動や非日常という形で還元される。

    サッカーに関わる人が、自分らしく、自分のフィールドで、最大限のパフォーマンスを発揮できる環境を創ること。サッカーという枠を超えて社会を豊かにすることにつながっていると感じています。

  • FiC代表

    明月 陸

    私は兄の影響で5歳のときにサッカーと出会い、その魅力にのめり込んでいきました。

    サッカーを通じて経験した喜怒哀楽。
    ボールで繋がった仲間や、カッコいい大人たちの存在は私の人生を豊かにしてくれました。

    そんな私が大学を卒業し、サッカーを仕事にしたいと考えたとき、
    「サッカーでは食っていけない」と周りに人たちに言われたことを覚えています。

    日本において、サッカーの社会的価値がまだまだ低い現状を目の当たりにしたときに
    諦めるのではなく、変えてやろうと思いスタートしたのがFiCです。

    サッカー界に山積する様々な問題を解決し、新たな価値を生み出し続けることで
    サッカーに関わる人々の価値が高まり、幸せな時間・空間が増えていくことが私の願いです。

    FiCを立ち上げるにあたり、背中を押してくれた家族
    壮大なビジョンに共感し、共に戦ってくれている仲間達
    未熟な私たちに協力をしてくれているパートナーの方々への
    感謝の気持ちを忘れずに挑戦し続けてまいります。